Saulti et solatio aegrorum 病める人を医やすばかりではなく慰めるために

教育理念、ミッション・ステートメント、シン・メディカルの理念

 1979(昭和54)年に創設された学校法人藍野学院では、大阪府茨木市を拠点に現在、大学(医療保健学部 看護学科、理学療法学科、作業療法学科、臨床工学科)、短期大学(第一看護学科[2年制]、第二看護学科[3年制]、専攻科[地域看護学専攻])、高等学校(衛生看護科)、専門学校(理学療法学科、作業療法学科)を擁し、高度で実践的な医療の知識と技術を身に付けた看護師、保健師、理学療法士、作業療法士、臨床工学技士の資格を有し、現代医療の発展に寄与する人材の育成に努め、地域社会の中で大きな役割を果たしております。これからも時代のニーズに応じた高度な教育・研究の機能と責務を遂行することにより、魅力ある教育研究活動の推進に努めて参ります。

学校法人藍野学院の教育理念

“Saluti et Aegrorum(病める人々を医やすばかりでなく慰めるために)

 この教育理念は、病気を医学的に治療すると同時に患者様の心に慰めを与えることが医療人の理想であるという考えに立っています。ここでは医学的な治療という意味で「医やす」という表現を使っています。この教育理念は、医療人が心がけなければならない目標であり医療の基本を示す精神であると言えます。
 学校法人藍野学院では、高度な専門的技量の獲得と同時に、この教育理念に裏打ちされた人間性豊かな医療人の育成が教育目標に掲げられ、創設以来、多くの医療人を世に送り出してきました。近畿地方を中心として日本全国の広い地域から、高いかつ新鮮な志を持つ学生・生徒が集まり、我が国の保健医療の向上のために貢献すべく、教職員全員が一丸となって研鑽を積んでおります。

ミッション・ステートメント

 急激な社会構造の変化の中、日本の社会は、最新の知見に根ざした医療サービスとともに、地域に密着し、心の通った安心できる医療の提供を求めています。学校法人藍野学院は、そうした社会の要請に応え、日本の地域医療の質の向上に貢献します。そのために、人間に対する深い愛を持ち、生涯にわたり医療職としての誇りを持ち続け、研鑽を怠らない医療人の育成に努めます。

シン・メディカルの理念

“Sym-medical” 医師中心の医療から患者さん中心のチーム医療へ。

 面前で苦しむ患者さんへの対応は医師のみでは不可能です。医師以外のスタッフも対等の立場で、より高度な医療に従事することが大切です。現代社会では共に医療に携わるという意味で医療従事者をCo‐medical(コ・メディカル)と呼んで協力体制を築きつつあります。
 このような状況を踏まえ、創設者は看護、理学療法、作業療法を含む医療、福祉、保健の専門家が一緒になり(Sym)、シンフォニーを奏でるように協力して患者さん中心の医療(Medical)を行うことが重要であると考え、Sym‐medical(シン・メディカル)という理念を提唱し、その考えは学校法人藍野学院の教育にも活用されております。

Sym-medical

ページの先頭へ

Copyright(C) Aino Gakuin All Rights Reserved.
〒567-0011 大阪府茨木市高田町1番22号 TEL:072-621-3764